芦田愛菜ちゃんが、芸能活動で多忙なスケジュールながら名門中学受験に成功したことが話題になっていますよね。

実はその裏にはある人の名言が隠されていたのです。

それが王貞治です。

芦田愛菜ちゃんは王貞治の名言を心に刻み込んで、勉強に励んでいたそうなんです。

スポンサーリンク

一体どんな言葉なのか気になる所ですが

まずは王貞治って誰?って思う方の為に軽く説明します。

王貞治って誰?

王貞治とは元読売ジャイアンツの野球選手で、当時一本足打法で注目を集めた選手です。

 

王貞治(おう さだはる)選手はホームラン世界記録を樹立した程の名プレイヤーで、日本の国民栄誉者でもある、かなり有名人です。

 

ただ、世代的に、芦田愛菜ちゃんとは全くかぶっていないので、何故芦田愛菜ちゃんが知っていたのかはです。

王貞治の名言とは?

 

芦田愛菜ちゃんを勇気ずけた、王貞治選手の素晴らしい名言はこちらです。

努力は必ず報われる。
報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは言えない

芦田愛菜ちゃんはこの言葉を父から聞いたそうで

それからというもの座右の目として、心に刻んでいると話していました。

「何かをするときにはいつも、その言葉を忘れないように心がけています」

王貞治選手と芦田愛菜ちゃんの世代が違うのに何故知っているのか?と疑問したが、お父さんの影響だったんですね。

芦田愛菜ちゃんのお父さんは野球が好きなのでしょうか。

実は私も野球好きで、王貞治選手の名言を他にも沢山しっていますので、ついでに、残しておきたいと思います。

 

王貞治選手の名言集

 

自分のためにやるからこそ、

それがチームのためになるんであって、

「チームのために」

なんて言うやつは言い訳するからね。

オレは監督としても、

自分のためにやってる人が

結果的にチームのためになると思う。

自分のためにやる人がね、

一番、自分に厳しいですよ。

 

敵と戦う時間は短い。

自分との戦いこそが

明暗を分ける。

 

名選手になることは難しくない。

努力を怠らず、

目の前にあるものをキッカケを逃さずに、

確実に掴んでいけば、

必ずどうにかなる。

さすが日本のプロ野球界を盛り上げた程あって、いいことを言いますよね〜!

 

やはり、スポーツで成功する人って考え方がしっかりして、ストイックな人が多いように感じます。

それに影響されてか、芦田愛菜ちゃんの勉強方法もヤバイ!と話題になっています。

そちらに関してはこちらの記事が参考になるかと思います。

まとめ

今回は芦田愛菜を震わせた王貞治の名言の言葉についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

大人の方なら、何か感じる物があったのかもしれません。

言葉というのは時に、人の原動力となり、辛い時も、先が見えなくて不安な時も、諦めずにいられますよね。

あなたも、この機会に自分だけのお気に入りの、名言を見つけてみてはいかがでしょうか。

《人気記事はこちら♪》
 
 
 

スポンサーリンク